2011年10月27日

合理化とは、なんなのか?

会社や世間ではよく合理化や効率化といわれる。
そこでちょっとこれらについて考えてみたい。

今の世の中いろいろなものが合理化されて効率がよくなっている。
効率があがるということはその分、少ない人数で同じことができるということである。
極端なことを言えば100人で行っていた作業を1人で行えればかなり効率がいい。
会社にとっては、いいことこの上ない。

個人的な側面から考えてみたらどうだろう。
必要なくなった99人はどうなるのだろう?
変わりの仕事があればいいけど現在は不景気まっただ中。
しかも不景気が叫ばれてかなり長い。長いトンネルの先が見えればいいのだが
いまだにお先はまっくら。

そうなると残りの99人は働きたくても働けない。
いずれ必要ないという意識が芽生えると働く意欲さえ損なわれるかもしれない。
働く場所が限られていくのだから生きていくためには必要とされる場所で
働くしかない。短期間で常に必要とされるのはアルバイトや危険な職種が多いのだろう。

企業はコストカットやリストラをどんどん断行して合理化を進めていく。
合理化に伴いどんどん人はあぶれていく。

政府は働く場所を作るといいながら見当違いな公共事業を行う。

現代ではニートといわれる人たちも多くいる。
この人たちは合理化の最たる犠牲者かもしれない。
働き場所がない上に物は溢れかえっている。
生きるために働かなくても生きていけるのが今の日本なのである。

グーグル検索なんかは便利である。
調べる時間を大幅に減らしてくれるし効率よく知りたいことを教えてくれる。
図書館に行って調べたり、考えたり、探す手間は大幅に減る。

家電製品かんかかなり合理的になってきており
家事などの時間は大幅に短縮されているのではないだろうか。

こんなことを考えているとこれ以上世の中の合理化が進み便利になるのも考え物である。



相場と人生に王道なし!

http://fxkabu-life.seesaa.net/

相場人生に一片のくいなし!

http://fxkabulife.seesaa.net/


気が向いたらクリックよろしくです→にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ

気が向いたらクリックよろしくです→人気ブログランキングへ

twitterやってます→twitter_devilsmile

posted by devilsmile at 00:35 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
残業が無くなる程度の合理化が良いのでしょうね。
Posted by masaru at 2011年10月27日 14:37
100人分の仕事を一人でできるようになったとしても、その人一人に給料100人分でるわけではないですしね^^;
Posted by WIN at 2011年10月27日 16:49
んでもそれって言ってしまえば社会主義になっちゃうんじゃないですかね?
その99人にならないよう、残り一人になれるよう頑張ればいいだけの話じゃ・・・
仮になれなかったとしてもその努力は決して無駄ではなく大きな自信にもつながるし、評価してくれる人はいるはず
合理化うんぬんを否定するのは完全に努力をしなかった負け犬の遠吠えにしか聞こえませんね
Posted by デイトレーダー at 2011年10月27日 22:54
masaruさん、WINさん> 確かに残業はいらないです。
時間内で終われば会社も個人も一番いいですよね〜

デイトレーダーさん> ふむ。確かに努力してないです>。<
これからはもうちょっと努力するよう努力します!
Posted by devilsmile at 2011年10月27日 23:08
でも、記事がみんなロイターのニュースの引用で一字一句違わないのは味気ないですね。
Posted by masaru at 2011年10月28日 13:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。