2011年08月25日

日本国債格下げ連鎖に警戒感

日本国債格下げ連鎖に警戒感、新首相の財政再建手腕に期待

[東京 24日 ロイター] 
ムーディーズ・インベスターズ・サービスが日本国債の
格付けを引き下げたことから、他の格付機関も格下げに
踏み切るのではないかとの警戒感がマーケットに広がっている。

 東日本大震災の復旧・復興が本格化する中で財政拡大リスクが
ぬぐえないためだ。
8月末にも選出される新首相の財政再建手腕に期待する声が出ている。

 <ムーディーズが日本国債を格下げ、方向性は安定的>

 日本国債の連続利下げの可能性が低下したことで短期的に
JGB(日本国債)は買い材料だ──。ムーディーズの日本国債格下げを
受けて国内金融機関の債券担当者は相場先行きに強気な見方を示す。
下期の債券運用を見据えて徐々に投資家の買いが顕在化し、10年
最長期国債利回り(長期金利)は短期的に0.8%までの低下余地が
出てくるとのシナリオを描いているという。

 ムーディーズは24日、日本政府の自国通貨建て・外貨建て債務格付けを
Aa2からAa3に引き下げたと発表した。1段階の引き下げ幅は市場予想に
沿った水準だったが、見通しはネガティブから安定的に変更。
同社の日本国債担当アナリストのトーマス・バーン氏は、ロイターとの
電話インタビューで日本の格付けを12─18カ月のうちに変更する計画は
ないと表明した。

 ムーディーズによる日本格下げ観測が浮上して以来、金利低下を
阻害していた要因の一つは連続利下げへの警戒感だ。1998年から
2002年にかけて、ムーディーズが日本国債の格付けをAaa格から
A2に5段階引き下げた時の残像が市場参加者の脳裏をかすめる。
衆参両院のねじれで政権基盤が不安定化する中、経済対策などで
財政拡大圧力が強まる状況は、当時とかなり類似している。

 このため今回、格付け見通しが「安定的」と変更されたことで
「当時のような懲罰的な連続格下げの可能性が後退した」(同関係者)
として、日本国債のクレジットリスクが安定に向かうとの期待が出ている。
野村証券チーフ・クレジット・ストラテジストの魚本敏宏氏は、格付け
見通しを安定的にとどめたことで「スタンダード・アンド・プアーズ
(S&P)による米国格下げ後に株価が急落したように、市場を過度に
混乱させたくないという一定の配慮も感じられる」と話す。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

こんだけ悪情報がそろえばそろそろ底かなってくらい
世界情勢が悪いな。
そろそろ株も仕込むかな!!

注目は
コマツ
ソニー
松下


相場と人生に王道なし!

http://fxkabu-life.seesaa.net/

相場人生に一片のくいなし!

http://fxkabulife.seesaa.net/


気が向いたらクリックよろしくです→にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ

気が向いたらクリックよろしくです→人気ブログランキングへ

twitterやってます→twitter_devilsmile

posted by devilsmile at 00:52 | Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
円安ですが、週末はどうでしょうか?
Posted by masaru at 2011年08月25日 13:52
masaruさん> そろそろ底ですかね。。
Posted by devilsmile at 2011年08月25日 23:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。