2011年07月11日

世界恐慌

1929年に起こった世界恐慌。
このとき株式市場でマージンローンとよばれる
新しい形のローンが売り出された。

これは株を買うときに支払いに必要な金額の10%を払えば、
ブローカーが残りの90%を立て替えてくれる(ローンを組んでくれる)
という金融商品。

簡便でわかりやすかったため多くの人が利用した。
小さなもとでで大きな利益を得れるのが最大のメリットである。

ダウは1921年くらいから5年間で5倍くらいに高騰。
誰もが利益を得ていました。

しかし甘い話にはもちろん落とし穴があるのが世の常。
このローンは貸してが好きな時に返済を要求できるのである。
通称“マージンコール”
請求があった時点から24時間以内に全額返済と決まっていた。

危険な制度ですが多くの人は株が下がらなければ問題ないと
考えていた。また請求されても株をすぐに処分すれば問題ないと考えた。

しかし実際は一部の大金持ちが自分たちの株を売り抜けたあと
マージンコールが発動された。そして10月24日ブラックサーズデイが
やってきてしまった。


株は売りが殺到してしまい買い手がいない状態。
値段がつかないのでますます株は下がる。
みんなお金を手にできないので借金だけが残る。

何度も歴史は繰り返すんですね。
結局サブプライムも一部の多金持ちが儲かるように
できていたように思う。

そしてその大金持ちとはロックフェラーやら、ロスチャイルドやらだと
言われている。彼らが世界経済を影で操っているとか・・・

アメリカの大統領を決めたり、9月11日の悲劇を画策していたとか・・
本当かどうかは知りませんが読んだらビックリするような内容が
びっしりと書かれています↓↓



相場と人生に王道なし!

http://fxkabu-life.seesaa.net/

相場人生に一片のくいなし!

http://fxkabulife.seesaa.net/


気が向いたらクリックよろしくです→にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ

気が向いたらクリックよろしくです→人気ブログランキングへ

twitterやってます→twitter_devilsmile

posted by devilsmile at 23:09 | Comment(2) | TrackBack(0) | 知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
所謂陰謀説ですね
私も陰謀説は大好きです!
Posted by WIN at 2011年07月12日 11:11
WINさん> こういう本読むとすぐに信じちゃいます>。<
Posted by devilsmile at 2011年07月12日 23:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。