2011年01月15日

たまには人生を振り返って。。

はっきり言っておれには友達が少ない。非常に・・

昔からオヤジの転勤で数十回と繰り返し引越しをしており
同じ場所であまり定住していなかったためだ。
(↑友達が少ない理由としていつもいいわけに使う)
そりゃしょうがない。

そして基本的に内向的な性格、あまり人としゃべらない、
めんどくさがり、一人好きの淋しがり屋というのも
原因としてあげることができる。

休日は毎週家に引きこもってテレビをみながら
パソコンに向かっている。
最近のもっぱらの日課になっているのがジムにいっての筋トレ。
腹筋、背筋、胸筋などを万遍なく鍛えてから20分ほどの
ランニング。暇すぎてこれくらいはやるしかない。

たまにインストラクターに話しかけられたりするのだが
昔サッカーやってたでしょと言われる。
やってたのは小学校4年のクラブ活動くらいである。
このときも引越したばかりで誘われて断り切れなく
なってサッカークラブに入った。

ポジションはMF。響きがかっこいいでしょ!?ミッドフィルダー。
得意な技はサイドラインに向かっての横向きのドリブル。
これは意外とボールを奪われない。ゴールに向かわないので
敵も追ってこない。ボール保有時間は長くなる高等テクニック。
あまりやり過ぎると相手ゴールに向かってないことが
バレるのでやる場合は、ほどほどに。

あとはバックパス。これもかなり得意である。
自軍のキーパーへのパスとかはかなりうまいほうだったと思う。
オウンゴールにならないように常に細心の注意を払っていた。

運動神経は悪くないほうなのでそんなに苦痛
ではなかった。ただ体の線が全体的に昔から細いので
スポーツで大成することはないと先生に言われたことがある。

当時、イタイケな少年になんてことを言うのだと
思ったもんだが今思うと当時言ってくれたのはやさしさ
だったんだと思う。それかストレスたまってたのか。

スポーツの世界で体格は重要だよ。
運動神経よりも重要だな。

小学生の頃は今よりもさらに大人しかったんだが、
なぜかバレンタインデーにチョコをもらうことが可能だった。
これは今思うと親同士が仲良かったのでいろいろと根回しされて
いたのだと思う。勘違いしなくてよかったわ。

しかし、あるとき机の中にチョコが2個も。
生きててよかったと思ったのは言うまでもない。
その日一日は天にも昇る気持ちである。
小学生ながらに浮かれたわ。

けど実はこれ男友達が入れたもんだった。
あろうことかそいつらは女子を装ってオレの純真な心を
弄ぶために机の中にチョコを入れたのだった。
悔しいけど一日中机の中に手を入れてチョコが
あることを確認してるオレをそいつらが確認してたらしい。

それ以降はチョコをもらうこともなく今まで
生きているていたらくぶり。生きていてごめんなさい。
そういや家族からはもらってるけど、これってカウント
していいのか??
あとたまにチロルチョコくれる子はいたな・・・

中学生時代はあまりしゃべらなかった。
なんかすべてがめんどくさかったような思い出。
小、中とあわせると7回くらいは引越ししてるかな。

当時オヤジに"ここには数ヶ月しかいないから"と
あらかじめ言われていたのでダンマリを決め込むことにした。
そして数ヶ月後オヤジにさらに言われる。

"転勤なくなったからしばらくここにいるわ"

ほとんど誰ともしゃべらないまま数ヶ月間を過ごしたオレに
後戻りはできなくなっていた。友達は本←今とかわんねーし。

昼休みは大概しゃべらずに過ごしていた。
そんな状況を打開してくれたのはサッカー。
昼休みにするサッカーである。
メンバーが足りないときがありたまたま読む本も
なかったので参加。←ほんとは誘ってもらってメチャクチャ嬉しかった。
そこで実力を発揮した。

得意のバックパスを前にも出すようにした。
すると意外とつながるもんである。
これでキラーパッサーの誕生。
のちにサッカー部にもスカウトされることとなる。

子供のときは運動神経がいいといがいと注目される。
それからはちょくちょくと昼サッカーに
誘われるようになり会話もするようになる。
そう根は暗いがオレはいいやつなのである。←自分で言うあたりがまたいい。

そのとき結局、引越ししなかったのでそのまま高校生になる。
一応受験勉強はした。それなりに。当時はそこまで勉強しなくても
それなりに出来てたような気がする。
そう、出来るやつなのです。←自分で言うあたりが出来ないって言ってるようなもんか。

まーパッとしない高校生活を過ごした。
ラブロマンスもラブコメディもない平凡な学生。
いつも回りにいたのは男ばかり。

音楽をやっていて当時爆発的に売れていたGLAYを
目指そうとしたのだが断念。これも正解。
音楽センスゼロなので本当に道を間違えなくてよかった。
かなりの音痴ですわ。楽器には関係ないけど同じ音楽
いずれ壁にぶち当たっていたはず。

卒業のときに作ったクラス文集が印象的で覚えてる。
今ではよく問題になっているクラス文集。
何が問題になるかってランキングをつけたりするんですよね。
そこで奇跡的にも結婚したい人1位でオレの名前が!
みんなにはヤラセだと言われ放題。あれは実力でしょ。
今も結婚してませんが何か?
それ以外だと"先生になってほしい人2位""声が大きい人1位"
とかにも入ってた気がする。
オレの栄光の時代でした。
(嘘だと言う人はコメントください。写真とってメールで送ります)

このときのクラス文集だけはなぜか今でも持ってます。
写ってる自分の写真をみるとまるで犯罪者。
文集に書いてある≪将来やりたいこと≫を読むと
くだらなくて鼻血がでるとこでした。
やっぱり夢でもみてたのか・・・

この間テレビのニュースで問題になっていたのは
"将来犯罪者になりそうな人"
"きもい人"・・・など。

そりゃ問題になるわな。
こんなランキングを載せるクラス文集を作って
許可する先生のほうが問題だと思うのだが・・・


今でもたまに連絡したりするのは高校のときの
同級生数人かな。不思議なのは高校は一緒だったのだが
実際に仲良くなったのは卒業してからのこと。

友達の家に遊びに行ったらたまたまそいつがいた。
大した会話もしなかったのだが帰りにそいつの自転車の
後ろに乗せてもらって駅まで送ってもらった記憶がある。

そいつは今も地元に住んでいるのでもう何年もあっていない。
そんなインド旅にも一緒にいった友達Yからメールが来てた。

"おれ店をやることにしたから東京からもどってきたら
また寄っていってーや。"
その店がここ↓↓↓
http://

ってホームページにお金かける余裕がないからタダで
作ってーやって言われてたんだった・・・

まー何にせよ勝負にでたわけである。
みんながんばってるんだな。

まー結局何がいいたかったかといいマスト
友達は大切に。


というわけではなくオレには友達が少ないことを
改めて実感しただけである。
言いたかったのはそれだけ。


【番外編】オレの武勇伝をちょっと聞いてくれ。
昔からよく思うことがあった。
<おれはなんのために生きてるんだろ?>

大して頭もよくないし、女子にもてるわけでもない。
生きている目標もない。

そんなオレにも生きてる意味がありましたわ。

その日は身も凍るような寒い日でした。
借りていたレンタルビデオを返しに駅に向かっている途中
ボールで遊んでいる少年がいた。

都会でボール遊びをしてる姿はあまりみかけない。
買い物してる母親でも待っているのだろう。

ここでよく漫画で使われる情景が浮かんでくる。

【ここからは回想】

少年のボールが車道に転がり少年がそれを追いかける。
急に車道に飛び出してきた少年に気づき運転手は急ブレーキを
かけるが間に合わない。急ブレーキ音とともに派手な衝突音
だけが冬の寒空に響き渡る。

よくみるとそこに倒れているのは少年ではなく別の青年である。
少年が轢かれそうになっているのに気づき青年はとっさに自分の
身を気遣うことなく少年をを突き飛ばし身代わりになって
轢かれた・・・
しばらくすると救急車のサイレンが遠くから聞こえてきた。

【回想終わり】

そんなことをぼんやり考えていると少年のボールが本当に
車道に転がっていくではないですか、しかも少年もボールの後を
追って車道に走っているし。車もまばらながら走っている。
というわけで青年(おっさん)のおれはかなり自分の身も気遣い
ながら少年が車道に飛び出す前にその子の腕を掴んで止めた。

ボールの上を車が数台走り抜けたあとボールをひろって
少年に渡してあげた。

回りで見てるのもおばちゃんが一人。
あんたは立派だよみたいな顔でこちらをみてるだけ。

いたって危なくない感じである。
事実は小説より奇にはならないのである。
世の中そんなもんだ。

その後すぐ、母親がきたのだがおばちゃんが
親切にもオレの代わりにオレの武勇伝をその母親に
話してくれたのですごい感謝された次第であります。

ああーオレもやっぱり生きてる意味があったんだな。
さてHビデオ返しにいこっと!

相場と人生に王道なし!

http://fxkabu-life.seesaa.net/

相場人生に一片のくいなし!

http://fxkabulife.seesaa.net/


気が向いたらクリックよろしくです→にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ

気が向いたらクリックよろしくです→人気ブログランキングへ

twitterやってます→twitter_devilsmile

posted by devilsmile at 01:44 | Comment(3) | TrackBack(0) | おれの投資人生物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も友達少ないです。
少なくて普通だと思っています。
逆に多い人の人間性を疑います。
まぁ、これは大袈裟な言い方かも知れませんが、
いろいろな人間に好かれるってことは
二枚舌ってことでしょ。
人間関係、友達は数より質ですよ。
Posted by カタラン at 2011年01月15日 09:39
会社でできる友達と社外の友達はやっぱり違う。

なんて思っていると、学生時代の友人も、昔と変わっていたりする。

そんな時にアジアに一人旅に行きたくなります。
Posted by masaru at 2011年01月15日 15:33
カタランさん> 質も・・

masaruさん> 旅はいいですね!
Posted by devilsmile at 2011年01月15日 21:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/180719740

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。