2009年10月19日

給与所得控除とは?

給与所得控除とは?

自分で会社を作れば領収書をきって
必要経費にすることができます。

これなら飲み代やスーツ、クリーニングといった
ものまで必要経費で計上できます。

ただサラリーマンは経費が認められていないので
個人事業者や法人に比べてかなり不利になってしまいます。
(サラリーマンが一番まじめに税金を納めているのにです)

そこで給与所得者(会社から給料をもらっている人)にも
必要経費の代わりとして給与所得控除額(国が定めた経費)を
給与収入(1年間の給料)から引くことができます。

【給与収入-給与所得控除=給与所得】

・給与所得控除額
給与所得控除

例えば給料が400万なら
給与収入-給与所得控除額=給与所得なので
400-(400×20%+54)=400-134=266万
となります。

所得税は給与収入の400万ではなく
この給与所得の266万に対してかかります。
これを課税所得金額といいます。

※さらに所得控除(医療費控除,社会保険料控除,配偶者控除,
扶養控除,基礎控除,その他控除)があります。
これがあれば給与所得の266万からさらに控除されます。
(所得税がかかる金額を小さくできます)

給与収入が800万なら
800-(800×10%+120)=600万
となります。

この課税所得金額600万に対して所得税がかかります。

では実際に所得税はいくらかかるのでしょうか?

相場と人生に王道なし!

http://fxkabu-life.seesaa.net/

相場人生に一片のくいなし!

http://fxkabulife.seesaa.net/


気が向いたらクリックよろしくです→にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ

気が向いたらクリックよろしくです→人気ブログランキングへ

twitterやってます→twitter_devilsmile

posted by devilsmile at 21:44 | Comment(4) | TrackBack(0) | 知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
120万だと思いますけど、違いますか?^^;
ぽち
Posted by WIN at 2009年10月20日 12:08
800万円以上は、23%で控除が636,000なので、1,693,200じゃないですか??


ブログ見ました^^
HPみたいな風にできるんですね〜。
驚きました。

4つともポチっと応援完了です!
Posted by ai at 2009年10月20日 17:00
本日は応援のみで失礼します。
Posted by masaru at 2009年10月20日 19:09
WINさん> 書いてた続きの記事全部消えちゃいました>。<
今週末書きます。。

aiさん> 技術ページなのでとりあえず見やすくしてみました〜

masaruさん> ありがとうございます。。
Posted by devilsmile at 2009年10月20日 22:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。