2011年09月04日

為替介入とは?

最近の為替介入といえば、もっぱらドル買い円売り介入。
これはドル円の場合円高に進んでいるのでこれ以上円高に
ならないように行います。

ニュースでは“日銀による為替介入が行われた”という文字が
介入後は踊っていたのだが実際に介入を決定する権限は
財務大臣がもっている。

資金は「外国為替資金特別会計」という国家予算の特別会計が
用意されているのでここから用意されている。

今回のようにドル買い円売り介入の場合には、政府短期証券を
発行して円を調達してドルを買う。
そうすることによって、過剰な円高を阻止できる。

ただ介入のやり方にも種類がある。
・単独介入:政府・日銀が市場において市場に参加して
      介入を行なうこと。

・協調介入:複数の通貨当局が協議してそれぞれの通貨当局の資金を
      使用して為替介入を実施すること。

今回の日本政府が行った介入は単独介入となり日本だけで
行った為あまり効果を発揮しませんでした。
日銀が介入を行ったすぐあとには円安方向に動いたのですが
またダラダラと円高に動き結局介入する前よりも現在は円高と
なっています。

協調介入だと複数の国が協力して継続的に介入を行うので
効果はこちらのほうがはるかに大きくなります。

幾度となく為替介入をおこなっているのですが資金は底をつきません。
日本政府が短期証券を発行してそれを買う人がいなければその国は
もう信用に値しないということになるのでお金が集まらなければ
日本は介入を行うまでもなく円安に進んでいくでしょう。

まーそうなってしまっては日本から信用されない国になっていきますが・・
まだ介入を行えるということは、なんだかんだ日本は信用されて
いるということですね!


相場と人生に王道なし!

http://fxkabu-life.seesaa.net/

相場人生に一片のくいなし!

http://fxkabulife.seesaa.net/


気が向いたらクリックよろしくです→にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ

気が向いたらクリックよろしくです→人気ブログランキングへ

twitterやってます→twitter_devilsmile

posted by devilsmile at 10:47 | Comment(3) | TrackBack(0) | 知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。