2011年04月12日

とんでもないことになってきたなレベル7

レベル7で輸入規制の拡大懸念 政府、海外へ情報開示急ぐ


政府は12日、東京電力福島17 件第1原発事故の国際的な
評価尺度を最悪の「レベル7」としたことを受け、
周辺各国・地域に現状や事故対策の説明を急いだ。
国内産の農産物や加工食品などの輸入規制が国際的に広がる
のを懸念。国際会議などでも福島原発の安全問題が主要議題に
なることを想定し、情報開示を徹底することで信頼維持を目指す考えだ。

 菅直人首相は12日の記者会見で、レベル7への引き上げに
ついて「専門的な調査の結果だ」と強調。
「(発表が)遅れたとか、(事故を)軽く見たことはない」と訴えた。

 松本剛明外相は、政府は評価見直しを発表するのに先立ち、関係国や
国際原子力機関(IAEA)に通報したことを明らかにした。
放射性物質に汚染された水を海に放出する際には、周辺国・地域への
通知が遅かったと批判を浴びただけに、今回は国際的な情報開示が
遅れないように配慮したとみられる。

 今月17日にクリントン米国務長官が、20〜23日には
オーストラリアのギラード首相がそれぞれ訪日する予定。
5月の主要国首脳会議に向け、首脳、閣僚級の外交交渉が相次ぐ。
日本政府の対応の遅さを厳しく批判している海外メディアもある。
韓国政府は事故の復旧が進まないことに不快感を示しているほか、
中国政府も迅速な説明を要請するなど「原発事故への世界の
関心は大変大きい」(海江田万里経済産業相)。
日本政府は事故の実態や対策を率直に説明することを迫られている。

 14日からワシントンで開かれる20カ国・地域(G20)
財務相・中央銀行総裁会議に出席する野田佳彦財務相は、
「原子力災害の現状と今後の取り組みをきちっと説明したい」としている。

 海外では、日本の食品や農産品、工業製品の一部の輸入を規制する
動きも出ている。旧ソ連のチェルノブイリ原発事故と同じレベル7
となったことで、同事故の記憶が今も根強い欧州などでは不安が
一層拡大する恐れもある。

「レベル7の影響がどう出るかは分からない」(政府筋)
との警戒感が強まっている。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

現時点でチェルノブイリクラスってことは
もしこれから悪化するようなことになれば・・・
想像したくないな。
続きを読む


相場と人生に王道なし!

http://fxkabu-life.seesaa.net/

相場人生に一片のくいなし!

http://fxkabulife.seesaa.net/


気が向いたらクリックよろしくです→にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ

気が向いたらクリックよろしくです→人気ブログランキングへ

twitterやってます→twitter_devilsmile

posted by devilsmile at 21:33 | Comment(3) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。