2011年03月28日

目の前で苦しんでるのに“400億円の善意”渡せないワケ

目の前で苦しんでるのに“400億円の善意”渡せないワケ

2011年03月28日17時00分
提供:ZAKZAK(夕刊フジ)

 東日本大震災の被災者に向け、全国からこれまで400億円超の
義援金が日本赤十字社(東京)に寄せられた。
ところが被害の全容が把握できないため、配分の見通しが立って
いないことが、28日までに分かった。
受け皿となる各県では被災者支援や遺体の処置に追われ、
とても手が回らない状況なのだ。

 日赤や「赤い羽根共同募金」で知られる中央共同募金会などに
集まった義援金は、被災した都道府県が設置する
「義援金配分委員会」に全額渡される。委員会には市町村や
日赤なども加わって分配対象や金額を検討し、被災者に行き渡る
ようにするという。

 95年の阪神・淡路大震災では、発生2週間で日赤に義援金
約164億円が集まった。これに対し、東日本大震災では25日
までに約401億円もの善意が寄せられた。
阪神・淡路を2倍以上も上回るペースだ。

 ところが、今回の震災後、義援金の受け皿となる配分委員会を
立ち上げた自治体は、まだない。被災の全容が分からず、配分を
決められないためだ。宮城県庁の担当者がこう訴える。

 「なるべく早く被災者の元に届けたいが、公平に渡すことも重要。
把握できない被害もあり、今分かっている方々だけに渡すのは難しい
ことも理解してほしい」

 被災地が広範囲にわたっていることも問題を複雑にしている。
08年6月の岩手・宮城内陸地震では、両県がそれぞれ委員会を
立ち上げ、義援金は被害状況に応じて両委員会に渡された。
ところが、今回は被害が甚大な岩手、宮城、福島の3県以外にも、
被災者が複数の道県にまたがっている。
茨城、千葉でも避難所生活をおくる被災者が多数いるだけに、
宮城県庁の関係者も「08年のケースはまったく参考にならない」
と頭を抱えた。

 ある自治体の担当者が明かした。

 「被害が甚大な岩手、宮城、福島の3県が協力、調整して
まず委員会を立ち上げる。そこへ他県の自治体が加わり、義援金を
受け取る方向で調整が進められています」

 阪神・淡路大震災では最終的に1793億円の義援金が集まり、
被災状況によって1世帯当たり平均で約40万円が配分された。
東日本大震災ではどうなるのか。

zakzak
続きを読む


相場と人生に王道なし!

http://fxkabu-life.seesaa.net/

相場人生に一片のくいなし!

http://fxkabulife.seesaa.net/


気が向いたらクリックよろしくです→にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ

気が向いたらクリックよろしくです→人気ブログランキングへ

twitterやってます→twitter_devilsmile

posted by devilsmile at 21:21 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。